社内空気の停滞を打ち破る|顧客管理をよりスムーズに行なうsfaの導入を検討しよう
婦人

顧客管理をよりスムーズに行なうsfaの導入を検討しよう

社内空気の停滞を打ち破る

男の人と女の人

共通の価値観を再構築する

企業が組織改革を行うのは停滞した社内空気を一変させるためです。社内空気というのは非常に大切で、それによって社員のモチベーションを上げることも下げることもあります。例えば定例の会議で発言する社員がいないという現象は、明らかに社内空気が停滞している証拠です。組織改革をすることによって、共通の価値観を再構築することができます。どのような企業でも当初は企業理念があります。しかし時間経過と共に忘れ去られてしまうのです。組織改革をすることによって企業理念を社員で共有することができます。もし企業理念が時代からずれている場合は、新しい企業理念を掲げることも必要です。組織改革とは事業部門の編成を変えることではなく、社員のモチベーションを上げるために行うものです。

社員の自律性による改革

組織改革は管理職が上から押しつけるものではなく、社員が自発的に発案するものです。上からの強制で組織改革をしても根本的な改革にはならないのです。理想的な改革とは現場が自律的に改革をしようという意識が大事なのです。そのためには社員が考えていることを管理職が汲み取り、組織改革の柱にしていく努力が必要になります。社内の空気が停滞していると、社員は自分から意見を言わずに他人任せになってしまいます。そうした空気は企業の発展にはマイナスに作用します。社内だけで改革しようとすると自縄自縛に陥る可能性があるので、外部の経営コンサルタントなどに委託するのも良い方法です。外部にいるからこそ見えてくる問題点というのがあるからです。