手形を割引したいなら|顧客管理をよりスムーズに行なうsfaの導入を検討しよう
婦人

顧客管理をよりスムーズに行なうsfaの導入を検討しよう

手形を割引したいなら

男性

依頼する前に知るべきこと

手形割引を依頼する前に知っておくべきことは、低レートや割引率に惑わされないことです。特に他業者より非常に安い割引率を提示している業者には注意が必要です。このような業者は割引率が安くても調査料や保証料をとられたりするからです。そして手形割引をする際には、本当にスピード対応をしてくれるかどうかを確認する必要があります。ポイントとなるのは審査する時間です。手形割引業者であれば60分前後が目安なので15分などあまりに短すぎる時間で審査する業者にも注意が必要です。手形割引を行う際には専門の業者に依頼するのがベストです。信頼できる業者を探すポイントとしては、担当者の説明がわかりやすく金額をきちんと提示してくれる業者を選ぶことです。

特徴

手形割引とは支払期日より前に金融機関や専門業者に割引料を支払って買い取ってもらう制度のことで、早く現金化できるというメリットがあります。このような取引を商業手形割引と言いますが、他にも自社の手形を担保にして金融機関などから資金を得ることができる自己手形割引もあります。手形割引で支払う割引料は支払期日から逆算させた金利分に相当し割引率は金融機関によって異なります。一般的に都市銀行では1.5%から3.0%で普通銀行は2.0%から3.5%、信用金庫は2.5%から4.5%で信用組合は3.5%から5.5%になっています。そして金融機関では一種の融資とみなしているので中小企業では割引をすることが難しいですが、手形割引専門業者は手形の振出人の信用状況をチェックするので中小企業でも審査が通りやすいという傾向になっています。