男性

顧客管理をよりスムーズに行なうsfaの導入を検討しよう

社内空気の停滞を打ち破る

男の人と女の人

組織改革の目的は停滞した社内空気を一新するためです。定例会議で社員の発言がない場合は、明らかに社内空気が停滞している証拠です。大事なのは上から強制する改革ではなく、社員の自律性による改革です。それによって社員のモチベーションを上げることができます。企業理念なども時代に即して新しくする必要があります。

Read More

社内管理をスムーズにする

倉庫

商品をたくさん取り扱っている会社では、在庫管理を徹底する必要があります。コンタクトレンズは特に小さくて管理が大変です。コンピューターで自動的に在庫管理ができるように、専用のソフトを導入しましょう。そして、定期的に目視管理をすることも大切です。

Read More

手形を割引したいなら

男性

手形割引を行う際の注意点としては、低レートや割引率に惑わされないことと本当にスピード対応してくれるかどうかを確認する必要があります。手形割引とは支払期日より前に現金化できる制度で、各金融機関によって割引率が異なります。

Read More

企業の売上を安定させる

IT

稼げる道筋を作る

成功を収めている企業でも、急に調子を落とす可能性があります。国内における営業活動は、根性論を主張する人が多いからです。営業活動で成果を出した人は、自分のやり方が正しいと考えます。そして、部下を教育する時、根性の大切さを訴えるのです。根性だけでは営業活動の成果が安定しません。なぜなら、営業活動で大切なのは、顧客が必要としているサービスを紹介することです。それをサポートするシステムがあります。sfaと呼ばれており、営業力の向上に効果的です。顧客情報や売り上げデータを入力して、営業部で共有します。そして、最終的にはsfaに入力した情報で、自動的に成果が出る仕組みを作り上げるのです。決められた手順を繰り返すだけで、安定した売り上げを確保できます。

外出先からアクセスできる

企業の営業活動を助けるsfaは、目新しい技術ではありません。パソコンの普及が進み始めた頃には、販売が開始されています。それが注目を集めるようになったのは、携帯端末とクラウドが関係しているのです。両方の技術を組み合わせることで、sfaは大きな進化を遂げました。sfaの情報入力を外出先でも行えるようになったのです。sfaはデータの入力をすることに手間がかかるので、普及が進みませんでした。しかし、クラウドが登場したことで、サーバーでシステムを共有できます。更に、携帯端末を用いれば、移動中に入力作業を済ませられるのです。上記の2つの技術のおかげで、sfaの利用が現実的になりました。将来的にsfaを導入する企業が増えていくのは間違いありません。